前へ
次へ

接骨院ではいろいろなことが

接骨院とか整骨院というのは名称は違いますがやっていることは同じです。接骨院などでは骨折や脱臼あるいは捻挫とか打撲といったような怪我の部位に対して、柔道整復術によって、治療を行うことになります。基本的に自己治癒能力を活かした治療を目指すという形になりますが。薬も使わないで治療をするということになりますので当然ですが副作用などがあるわけではないです。保険が適用されないというイメージを強く持っている人が多いのですが、実際にはそうではないです。きちんと内容によっては接骨院でも国民健康保険等の適用というのが可能になっています。1936年から健康保険の給付が開始されているくらい、歴史が長くあったりもします。骨折か打撲などに適用されることにはなるのですが、特に明確に言えるのが慢性期の状態である場合の筋肉の疲労とか肩こりといったものには適用されない特徴がありますから、これは覚えておいたほうがよいでしょう。

Page Top